儚く故に咲き誇る

- My Life after LIFE -

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Review of Orthopedic Lab FINAL.

なんとなく
特に意味はありませんが、細かく先日のラボのファイナルを振り返りたいと思います。
日本語に訳すのが面倒なので英語のまま行きます。
興味ない方は飛ばしてください。


1.Bony Palpation of Knee:
* Patella
* Medial tibial plateau
* Tibial tubercle
* Medial femoral condyle
* Lateral tibial plateau
* Lateral femoral condyle
* Fibula head

2.Soft tissue palpation of Cervical:
* Sternocleidomastoid muscle
* Anterior lymph node chain
* Posterior lymph node chain
* Thyroid gland
* Carotid pulse
* Supraclavicular fossa
* Trapezius muscle
* Greater occipital nerve
* Superior nuchal ligament

3.Range of Motion of Pelvis and Hip:(数字は角度)
* Flextion - 120
* Extension - 30
* Abduction - 45
* Adduction - 45
* Internal rotation - 45
* External rotation - 45
* Flexion and Adduction
* Flexion, Abduction and External rotation

4.Nerve root evaluation of L5
* Disc level - L4
* Muscle tests
- Foot dorsiflexion (tibialis anterior and extensor hallucis longus by deep proneal nerve)
- Big toe dorsiflexion (extensor hallucis longus by deep peroneal nerve)
- Toes 2,3,4 dorsiflexion (extensor digitorum longus and brevis by deep peroneal nerve)
- Hip and Pelvis Abduction (gluteus medius and minimus by superior gluteal nerve)
* Reflex - no test in this section
* Sensation - lateral leg, dorsum of foot and middle three toes

5.Special test:()内は部位
* Foraminal compression test (Cervical)
* Lachman test (Knee)
* Ober's test (Hip and Pelvis)
* Allen's test (Wrist and hand)
* Hoover's sign (Lumbar)



1.Bony Palpation - 骨の触診
膝を動かしながらここが何で、そこが何でと説明する。
Lateral tibial plateauの位置を間違えたらしく1点減点。

2.Soft tissue palpation - 軟部組織の触診
実は中間試験の時と同じヤツ。
前回1つミスったので、今回はしっかりできました。

3.ROM - 可動域
患者役の人と一緒にこれがどういう動きで、普通だと
何度くらい動くっていうのをやる。

4.Nerve root evaluation of L5 - 腰椎の5番の神経の評価
まずは神経支配されてる筋肉のテスト。
筋肉の名前と動きの名前、そして神経の名前を言いながらその動きをさせて負荷をかける。

腱反射のテスト。
L5の評価には腱反射のテストがなかったので、それを言うと
試験官が膝蓋腱反射をやりなさいと言うのでそれをやる。(膝の下を叩くとポンって足が上がるヤツ)
腱を叩く小さいハンマーの紹介を患者役にやらないといけない。

皮膚感覚のテスト。
Neurological pinwheel(ギザギザのついた小さくて回るヤツ)でテストする。
他部位と比較するために、上下のNerve rootと比べてテスト。ここではL4,L5とS1。
これも道具の紹介が必要。
んで、Can you feel this?とDoes it feel like this?の繰り返し。

5.Special test
患者役の人にいろいろと指示を出して、そのテストをやって
陽性反応と兆候?(どんな傷害・障害が予想されるか)を説明。


ちなみに、当たり前だけどこれらのテストは全てBilaterally(両方=右と左)やります。


とりあえずこんな感じの流れで、
練習段階の時から、「これは時間がかかるからやりたくない!」と思ってたヤツが5つ程あって、
1、L5
2、S1
3、Bunnel-litter test
4、Retinacular test
5、Allen's test
順不同。

理由はもう一度言うけど、動作と説明が長くて時間がかかるから。


ご存知の通り、
このうちの2つが自分の試験に含まれるという事態。
(ちなみにパートナーのはすごい楽なヤツでした)

最初に見たときは「ヤバっ!!」という感じで、
即効Allen's testは飛ばすことに決定。
(テストの順番は生徒が自由に決められるので)

急いで、他のをやって時計を見てみると2分半の残り。
いけそうだと思って、あせりぎみでやってなんとか30秒前に終了。

はっきり言って終わらせられるとは思わなかった。


練習の賜物でしょう。


ただ、30秒でレビューする気にもならなかったので
残りは力尽きてただ待つのみ。



結果は触診の減点1点のみで、50点中49点。



よかったよかったとしか言えん!
開放感がハンパない。まだファイナルがあるのに。。。

その前に論文計画案を仕上げなきゃいけないのに。


今日は、少しの勉強で終わりにして
土・日とほぼフルでやっていきたいと思います。




長い!!!

Comment

 

その残りが一番の問題。
  • posted by KO 
  • URL 
  • 2011.12/03 15:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

おつかれ!!
あと二週間くらいで日本だし(うらやましいなみんな…)、残りも頑張って!
  • posted by ゆみ 
  • URL 
  • 2011.12/03 11:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Counter

Profile

DrKoumi

Author:DrKoumi
2009年に渡米。

Aug/2009 - Jul/2010
- Pre-Chiropractic Course
in Scott Community College, Betterdorf, IA
and Palmer College of Chiropractic, Davenport, IA

Oct/2010 - Mar/2014
- Doctor of Chiropractic
in Life University, Marietta, GA

Apr/2011 - Sep/2014
- Master of Science in Chiropractic Sport Science
in Life University, Marietta, GA

アイオワ、ジョージア、ニューヨーク州と移り住んで、最終的にはバージニア州はアーリントンで働いてました。

2015年7月に完全帰国しました!
新しいブログもよろしくお願いします
http://ameblo.jp/kens-sportschiro/

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Diary

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。