儚く故に咲き誇る

- My Life after LIFE -

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dixie 200 Relay from Atlanta to Birmingham in 2013.

昨日の夕方に帰ってきました。
さすがに疲れたのですぐに眠ってしまいましたが。

完走はできましたが、
一言で言うと準備不足、コンディショニング不足が露骨に現れたレースだったように思います。

金曜の朝。
9:30にスタートなので1時間前に集合、
予定では雨で寒いとのことだったのですが、
雨も降っていなく、そんなに寒くもないというなかなかのコンディション。

スタート地点でとりあえずは記念撮影を↓

014_convert_20130325064212.jpg


参加チームが何人いたのか定かではありませんが、
(遅いチームは7時に出発してるので)
スタート!

36に分かれているコースを1人が1つにつき走って、
残りのチームメイトは車で次のチェックポイントに先回りして待つというシステムです。

ほとんどのチームは2つのバンに分かれて、
片方が走っている間は5時間くらいの余裕があるので
しっかりした休憩が取れるという。
自分達は学生ということでできるだけお金をかけないでいこうということで、
バンを借りずに自分らの車で行ったワケです。
(後々これが結構響いてくるのですが)

前半はものすごい順調、
雨も降らなく、
そこまで寒くもなく、
景色の良いなか気分良く走れました。

055_convert_20130325064533.jpg


問題は後半、
自分達のチームは11人構成で、
1人につき3~4コース走って、走行距離が大体20マイル以下に
なるように配置して、
自分のに関しては、7,4,3,6みたいな。

何人かは1つ目を走った時点で、
少し足を痛めたり、次に長い距離を走るのがきつくなったりと
ちょっとしたトラブルが発生。

このレースでは夜もぶっつづけで走るので、
ヘッドライト装着、反射ベスト装着、手首や腰に点滅ライトをつけたりして
走りました。
日本にいたころは、よく夜に走ってましたが、
こっちに来てからは安全性という面から走ってなかったので
新鮮な感じでしたが、真っ暗な道を1人で走るのはなかなかスリルがありました。
犬が鳴いたりしてて少し怖かった。

夜中も過ぎたころから、雨が降りだし、
もう片方のチームにバトンを渡した時点で、結構本格的な雨。

自分達は次のチェックポイントに先回りして、
仮眠をとっていたのですが、
起きる時間になってみると、なんとサンダーストーム。
かなりの勢いでした。
何人かのランナーはそれでも走っていたのですが、
主催者側の意向でレースを一旦中止にするとのこと。
そのぶんのコースを飛ばして、
何個か先のところから再スタートということに、
結局レースを再開したのは8:30。

みんな疲れもたまっていて、
走れるけど、遅くみたいな状態で。

自分の番では、不幸にもコースを間違えたりして、
6マイルのところ、10マイルくらい走ってかなりのタイムロスと体力ロス。
この時はかなりきつかったです。


最終的には11人中3人が走れなくなり、
それは他の人がカバーしたり、
長くはもう走れないという人に代わって、
短い距離担当だった人が代わったりと、
急遽順番を変更。

当初の予定よりもかなり時間がかかってしまし、
その上、土曜の夜にアトランタに帰らないといけないという人が
何人かいたので、自分も含めて、片方のチームは
みんなのゴールを見届けることなく、帰宅しました。


ということで自分はゴールの瞬間にも、ゴール後のパーティにも参加できなかったのですが、
悔しいというよりは、良い思い出になって楽しかったという思いが強く、
他のメンバーも含めて、また来年リベンジしたいなという思いがあります。

お金をかけないのもいいけど、
もっとしっかり準備するべきレースだとつくづく思わされました。

自分も大きな怪我はしてませんが、
走って、十分なアフターケアもしないまま車に乗って、
狭い車の中で寝たりと、今、体中が痛いです。


普段から4~7マイルという距離は走ってるので、
大丈夫かなと思ってましたが、
1日にそれを3~4回繰り返すのはまた別ものだと思わされました。


いろいろ残念だった点は上げられますが、
前述したように、良かった・楽しかったという思いがほとんどです。
リベンジしたいという気持ちもかなりあります。



このレースで培ったメンバー間の絆はなかなか深いものになったのではないでしょうか。
一生の思い出になりました。



080_convert_20130325064809.jpg





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Counter

Profile

DrKoumi

Author:DrKoumi
2009年に渡米。

Aug/2009 - Jul/2010
- Pre-Chiropractic Course
in Scott Community College, Betterdorf, IA
and Palmer College of Chiropractic, Davenport, IA

Oct/2010 - Mar/2014
- Doctor of Chiropractic
in Life University, Marietta, GA

Apr/2011 - Sep/2014
- Master of Science in Chiropractic Sport Science
in Life University, Marietta, GA

アイオワ、ジョージア、ニューヨーク州と移り住んで、最終的にはバージニア州はアーリントンで働いてました。

2015年7月に完全帰国しました!
新しいブログもよろしくお願いします
http://ameblo.jp/kens-sportschiro/

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Diary

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。